MOVIE

韓国ドラマ『婿殿オ・ジャクトゥ』第1話/あらすじ(ネタバレ)

婿殿オ・ジャクトゥ

『婿殿オ・ジャクトゥ』第1話

スンジェが式場の前でオ・ジャクトゥを待っています。

冴えない感じで登場したオ・ジャクトゥでしたが、次から次へと洋服を脱がされ、イケてる花婿に大変身します。

オ・ジャクトゥの着替えを見届け、納得したスンジェが、かわいい花嫁に変身します。
二人並んで、ちょっとぎこちない笑顔で、写真を撮ってもらいます。

2週間前、フリープロデューサーの正規雇用の面接を受けています。
スンジェは、面接官に、「実力は、実証済みですが、同僚に認められるのは、簡単でない」と言われます。

スンジェは、「私の中に、不可能という言葉は存在しない」と自信ありげです。
「奇抜な題材より、人々の人生の中にある小さな感動を伝えていきたいと思っています」と言います。

スンジェが制作会社での最後の放送を控えています。社長も見るはずなので、失敗は許されないと言われます。
テーマは、「シングルの憂うつ」です。



インタビューで、遠距離だけど、週末だけ同棲している女性が出てきますが、編集している最中に、「この映像は、彼女の父親が激怒していて、放送したら訴えると言っているので、モザイクをかけないと使えない!」と報告しに来ます。

スタッフは、絶対にボツにはできないので、慌てて、面接のあった放送局までスンジェを迎えに行きます。

放送まで後2時間ですが、父親と娘が揉めているところにスンジェがカメラマンのチャニと一緒に現れます。

「撮るのをやめろ!」と激怒した父親が、花瓶をカメラの前に投げ、その前にいたスンジェの額に花瓶があたって、けがをします。
焦る親子に、「傷害事件の証拠よ!割れた花瓶もしっかり撮ってちょうだい」といいます。

どうにか娘の父親を説得し、放送することができました。

ギョンスクとセミは、スンジェの就職のお祝いをします。
セミが、スンジェにいつまでも独身でいないで、結婚しなさいと、結婚を勧めます。

酔ったセミを旦那さまが迎えに来ますが、何も知らない主婦を夜に呼び出すのは、止めてほしいと忠告され、スンジェは、「結婚すると自由に友達にも会えなくなるのね。結婚の何がいいんだか…」と大きなため息をつきます。

チャニから、「視聴率1位です。」と報告が入り、憂うつな気分が一気に解消されたスンジェです。

スンジェは、誰かに寝ているときに首を絞められる夢をみます。

食堂のおばさんが、自分の弟をスンジェに紹介しますが、全然イケていません。

スンジェは、ギョンスクに「いい年して結婚しない女は、犯罪者とでも言いたいわけ?なぜみんな結婚させたがるの?おせっかいには、うんざりよ」と話します。

カヤグムについてのドキュメンタリーを撮ることになったスンジェですが、クラ村のオ・ヒョクの元へ向う途中に事故い合い、バスで向かうことになりました。

バスの中でも、おばあさんたちに年齢を聞かれ、「35歳」だと答えると、「かなりの年だね。もう結婚しているんだろいい人がいるのか?」とまた同じような質問をされます。

バスをおりて、山を指さし、「あの山の裏まで全部がクラ村で、山には何人かの人が住み着いているが、簡単には見つからないと思う。」と言われ、呆然とするスンジェです。

バスに一緒に乗り合わせた、オ・ジャクトゥが一番山の事が詳しいとおばあさんに教えてもらい、すぐに彼の後を追いかけます。



オ・ジャクトゥに「この辺りに大きな家はあるか?山に住む人に会いたいのですが」と尋ねると、「山にこもった人間はほっといてあげてください。」と行ってしまいます。

叔母さんからスンジェに「もうだめかもしれない…」と電話が入りタクシーで急いで病院へ向かいますが、叔母さんは、息をひきとった後で、間に合いませんでした。

叔母さんは、生前スンジェに、「山を売って現金をあなたに残してあげたいけど、あなたのお母さんが持って行ってしまうから、あなたに山を残すので、大切に取っておいて、苦しくなったら使いなさい。」と話していました。

「そのかわり、孤独死の心配でおびえる私のために、週に1回はきなさい。」と話します。

叔母さんの体調を気遣うスンジェに、叔母さんもスンジェの体調を気遣いながら、楽しそうに話しています。

家に帰ると部屋では、見知らぬ男性が亡くなっていました。
宿泊サイトで、家を貸し出ししたことが思い当たりますが、相手のメールと連絡先しか分からず、全く見当がつきません。

一人暮らしの女性を狙った強盗事件が多発しているので、現場検証が終わるまで家に入れません。
他のところに泊まるようにと、警察で言われます。

実家に帰ると、玄関前で母親に、不吉だと言われながら、塩をかけられます。

母親は、「長男であるスンテのためにお金を使うべきだったのに」と家を買ったことを責めらます。
スンジェは、スンテのために学費も生活費も負担していたので、母親と言い合いになります。

結局実家には帰ることができずに、途方にくれ、サウナで泊まることにしますが、家でみた光景が忘れられず、眠ることができません。

中途採用が決まっているテレビ局からの連絡で、必要な書類を家まで取りに行くことになったスンジェですが、家の前で、何者かに襲われたところをオ・ジャクトゥに助けてもらい、気を失ってしまいます。

☆見どころオススメシーン(『婿殿オ・ジャクトゥ』第1話)

家の前で、何者かに襲われたときに、ナイスなタイミングで助けてくれたオ・ジャクトゥ。
なぜ、スンジェの家の前にいたのか、どのようにウエディングの写真を撮るまでの仲に発展していくのか、今後の展開が楽しみですね。

韓流観るなら『U-NEXT』



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク